エンターテイメント長編小説「国境リーグ」
Amazonにて販売中!
紙本版(ソフトカバー)2000円・送料無料  電子書籍版500円

国境の島、対馬を舞台にしたエンターテイメント長編小説!

独立リーグ設立、そしてその先にある希望とは?

日韓の野心家たちがめぐらす権謀術数の物語。

独立リーグ設立をめぐって起こる数々の事件……。

英会話

魅力的な対馬

国境の島、対馬は九州と朝鮮半島の間に浮かび、島のほとんどが山地である。山々にはツシマヤマネコ、ツシマテンなど多くの固有種が生息し、生物学的にも重要な位置にある。

写真は、下島の上見坂公園から見た浅茅湾。浅茅湾は、島を南北に分ける波静かな湾。入り江が複雑に入り組んだリアス海岸で、下島の上見坂公園や上島の烏帽子岳展望台から見える山の稜線が幾重にも重なる眺望は対馬ならではのもので、訪れた観光客は美しい風景に目を奪われる。

韓国人観光客もこの眺望を楽しむために対馬を訪れているが、対馬の人々は、これらの対馬の魅力を、もっと日本の多くの人たちに知ってもらいたいと願っている。

「国境リーグ」に登場する対馬市長は、週刊誌の記者に対馬を紹介する特集を組まないかともちかけるが、対馬の観光業のターゲットとなるのは本来、本土の人々なのである。

英会話

消えた韓国人観光客

2年前まで、対馬の玄関口、厳原の中心部にある写真の対馬市交流センター(通称ティアラ)では、韓国人観光客の姿を見ない日はなかった。

ところが徴用工問題に端を発した日韓関係の急激な悪化により、韓国人観光客は激減。島を行き交う観光バスは姿を消し、ティアラでも韓国人観光客の姿を見ることはほとんどなくなってしまった。

「国境リーグ」の舞台は、2015年から2019年の対馬。韓国人観光客が落としていくお金が対馬の経済を支えていた時期である。野球の独立リーグ設立という荒唐無稽な物語ではあるが、ある一人の男は、対馬を潤すために、独立リーグの先にある希望の光を灯そうと考えていた。「国境リーグ」の物語の肝となる部分はそこにある。

はたしてそれは……?

ACCESS

店舗名 株式会社フロイス
住所 東京都府中市清水が丘1-9-24 吉野ビル302

※弊社をご訪問される際は、必ず事前にお電話ください。
電話番号 042-352-1881
営業時間 10:00~18:00
定休日 土日祝
最寄駅 東府中駅
お気軽にお電話ください
042-352-1881 042-352-1881
10:00~18:00
東京都府中市清水が丘1-9-24 吉野ビル302

※弊社をご訪問される際は、必ず事前にお電話ください。

エンターテイメン長編小説「国境リーグ」 Amazonにて販売中!

紙本版(ソフトカバー) 2000円(送料無料)  電子書籍版 500円

英会話

弊社の商品へのお問い合わせ等は下記からお願いします。